2010年04月27日

「課題検討会」などで報告=5年迎え遺族ら集会−福知山線事故(時事通信)

 JR福知山線脱線事故から5年を迎えた25日午後、遺族らでつくる「4・25ネットワーク」などが兵庫県尼崎市で集会を開催、遺族や負傷者ら約430人が参加した。パネルディスカッションでは、同団体とJR西日本が合同で事故原因を探っている「課題検討会」の内容などが報告された。
 検討会は非公開で開催されている。パネリストとして登壇したメンバーで長男を亡くした木下広史さん(51)は、事故の遠因と指摘された懲罰的とされるJR西の「日勤教育」について、「社内でマニュアル化されておらず、内容は各職場に一任されていた」と検討会で明らかになった内容を報告した。
 危機管理に詳しい西川栄一神戸商船大名誉教授は「本来は従業員教育だった日勤教育が、どうして懲罰的になってしまったのか明らかにしないといけない」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】JR福知山線脱線事故5年
〔写真特集〕JR福知山線脱線事故
〔用語解説〕「福知山線脱線事故」
安全誓い、冥福祈る=遺族「二度と起こさないで」
5年迎え「ようやく歩けた」=負傷者らウオークイベント

りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
秋田県産5トン、青森リンゴに市場で混入か(読売新聞)
指導力不足教員12人 都教育委員会発表(産経新聞)
不明少年が守った兄のランドセル…発見現場周辺を捜索 佐用豪雨(産経新聞)
女性の上電車通過 すきまに体…無事(産経新聞)
posted by アサダ エイコ at 02:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。